今住んでいるワンルームマンションの売却は専門家に相談するのが良い

住宅模型

申込から引渡しまでの流れ

積み木

ローンの審査も同時に行う

ワンルームからファミリータイプまで幅広く売り出されているのが東京の中古マンション市場です。購入にあたっての一連の流れは、まず気に入った東京の中古マンションが見つかったら不動産仲介業者に購入の申し込みを行います。不動産仲介業者と中古マンションの購入申し込みの合意が取れた後は、金融機関にローンの事前審査を申し込みます。住宅ローンは金利や返済プランなども金融機関ごとに特色があるため、その点も含めて複数の銀行のローンプランを調べておくことも大切です。また人気の高い中古マンションも東京には多いですが、競合相手に有利に立つために事前にローンの内諾を金融機関に取っておくのも、オーナーとの交渉を有利に進める上で役立ちます。ローンの事前審査が通った後は、重要事項説明を宅地建物取引士から受け、売買契約書を交わします。重要事項説明は口頭に加えて、文書でも手渡されるので必ず書面の方も確認し、疑問があったら担当者などに質問しておきます。また売買契約時には手付金を支払います。一般的には物件購入額の半額といったケースが東京では多いですが、物件や不動産仲介業者によって違いがあるのでこの点も事前に確認が必要です。売買契約締結後は住宅ローンの申し込みを金融機関に行います。本審査が通ると正式に金銭消費貸借契約を交わし、手付金を支払った後の残金を住宅ローンの融資で支払います。支払いが終わると物件の引き渡しが行われ、司法書士の手続きによって晴れて東京の中古マンションを所有できます。