今住んでいるワンルームマンションの売却は専門家に相談するのが良い

室内

申込から引渡しまでの流れ

現地見学で気に入った東京の中古マンションを見つけたら、不動産仲介業者に売買契約の申し込みを行い、同時に金融機関にローンの事前審査も申し込んでおきます。その後重要事項説明を受けて正式な売買契約を交わし、手付金を支払った後に金融機関からの融資で残金を支払うのが、一般的な購入の流れです。

専門家に相談

間取り図

手間隙を減らすために

単身者の中には、自分が住まうためにワンルームマンションを購入する人もいます。しかし結婚などにより一人暮らしが終了となった際には、ワンルームマンションから別の場所に引っ越しをする必要性が生じます。この場合、そのワンルームマンションは賃貸物件として貸しに出したり、売却したりすることが可能となります。とはいえ、賃貸経営にしても売却にしても、多くの手間隙がかかります。引っ越し先が遠方という場合には、諸手続きのためにワンルームマンションとの間を往復することになるので、特に手間隙が増えます。そのためこのような状況となった人の多くが、ファイナンシャルプランナーや不動産の専門家に相談しています。相談することで、まずはそのワンルームマンションの相場を教えてもらえます。貸しに出した場合の家賃、売りに出した場合の価格の目安を確認できるので、これによりそれぞれの利益を比較できるようになるのです。もちろん賃貸経営をおこなう場合の管理費用や維持費用、売却する場合の登記費用なども、目安を算出してもらえます。比較した結果、賃貸経営に決めた場合には不動産管理会社、売却に決めた場合には仲介会社を紹介してもらうことも可能となっています。それぞれに依頼することで、賃貸経営も売却もスムーズに進みやすくなるのです。借り手や買い手を募集する宣伝活動や、売買契約や登記などの諸手続きを代行してもらえるので、たとえ遠方に引っ越したとしても、かかる手間隙は少なくなります。

ゆったりとした田舎暮らし

住宅模型

田舎暮らしを希望する人に人気の地域が伊豆です。東伊豆ではリゾート感を出した不動産物件も目立ちます。半島であるので周囲は海に囲まれており、マリンレジャーを趣味とする人にとっては魅力的な土地となっています。